今までに私が見た奇妙すぎる夢TOP4

スポンサーリンク

奇妙すぎる夢

オリジナルイラスト

私タヌトは高機能自閉症という発達障がい者だからか、奇妙な夢を見ることが多いです。

今回はそんな私が今までに見た中で特に奇妙な夢を4つご紹介しようと思います。

奇妙すぎて文章にできなかった夢もあるのですが、今回は文章にできる範囲内のものをご紹介します。

多少グロテスクな内容ですので、心臓の弱い方や感覚がデリケートな方は読まないでください。

30万円もする芋虫を購入する夢

昆虫が売っているお店に居たら、店員さんの勧めで30万円の芋虫を買う事になりました。

自分は虫マニアではないのですが、何故か30万円の芋虫を買ってしまいました。

指に乗るくらい小さな芋虫だったのですが、せっかく30万円もするので成虫になるまで育てる事にしました。

他の虫と戦ってしまいました

夢の中の自分は何故か芋虫を3匹飼っており、他の芋虫と30万円の芋虫を同じ虫カゴに入れていたら芋虫同士で戦いを始めてしまいました。

他の芋虫が30万円する芋虫の頭部を噛みちぎってしまい、30万円の芋虫は死んでしまいました。

絶望した自分は家の外へ飛び出していきました。

知らないおばさん登場

ビニールハウスの近くをうろついていたら、知らないおばさんに会いました。

知らないおばさんはホースのようなものを自分の手に持たせてきました。

よく見るとホースではなく、体長2メートルはあろうかという巨大なミミズでした。

ミミズから腐ったタマゴの様な異臭がして吐きそうになった所で夢から覚めました。

夢に「もこう先生」が現れました

自分は有名ユーチューバー「もこう」さんのファンなのですが、夢にもこうさんが出てきました。

とても印象的な夢だったので、今回はその感想を述べようと思います。

何故かPSP

薄暗いホテルの一室の中をウロウロしていると、突然もこう先生が現れました。

「何のゲーム?」ともこう先生がおっしゃったので、自分の手元を見てみると、何故かPSP(プレイステーションポータブル)を持っていました。

PSPの中には「アーマード・コア フォーミュラフロント」というゲームソフトが入っていたので、「アーマード・コアが入っています。」と答えました。

するともこう先生は「へぇー面白そう」と言ってPSPをプレイし始めました。

楽しい時間はあっという間

何故かPSPが2つあったので、もこう先生と一緒にアーマード・コアフォーミュラフロントの対戦モードで遊ぶことになりました。

もこう先生はアーマード・コアについて詳しくない様子で、どのパーツが強いかなどを質問してきました。

質問に答えていると、もこう先生はメキメキと上達していき、アーマード・コアがとても上手になりました。

もこう先生とアーマード・コアで対戦している時間は思いのほか楽しく、あっという間に時間が過ぎていきました。

空中を泳ぐ魚とプロレスラー

保安灯しかついていないような薄暗いビジネスホテルの中を彷徨っているとユニットバスの様なお風呂にたどり着きました。

身体が汚れていたのでお風呂に入ろうとすると、何故かプロレスラーの棚橋弘至選手が先にお風呂に浸かっていました。

棚橋選手が「一緒に入ろう」と言うのでお風呂に浸かってみると、空中に虫のようなものが無数に飛んでいました。

「ハエかな?」と思って手に取ってみると、そら豆ぐらいの大きさの魚でした。

しかも熱帯魚の様な鮮やかな色をしてます。

よく見るとユニットバス内のそこら中にそら豆サイズの魚が浮いていて、水の中ではなく空中を泳いでいました。

魚たちが時折私タヌトの体にピチャピチャとぶつかってくるので、不気味でした。

棚橋選手は空中を泳ぐ無数の魚の存在に気付いておらず、長い髪をシャワーで洗っていました。

大地震が起きてからお肉を食べる夢

2018年10月10日に見た夢の感想を述べようと思います。

スマホから緊急地震速報が流れ出したのでテレビの電源をつけてみると、大地震が起きている事が明らかになりました。

避難する為に荷物をまとめていると、急激にお腹がすいてしまいました。

家の中に食べ物が何も無かったので、MEGA・ドン・キホーテまで買い物に行きました。

何故かそこで2キロくらいのブロック肉を購入しました。

自分は本来あまりお肉を食べないのですが、夢の中ではブロック肉を購入していました。

カナダ産のお肉だったのを覚えています。

家に戻るとさっそくブロック肉を調理しました。

フライパンで焼いてから塩や醤油で味付けして食べたのですが、めちゃくちゃ美味しかったです。

夢の中とはいえ2キロもあったお肉があっという間に無くなりました。

テレビ画面は地震の話題で持ちきりでした。

どのチャンネルに変えても地震の事について放送していました。

テレビ画面に辛坊治郎さんが映っていたのを覚えています。