【レビュー】初代熱血硬派くにおくんの感想【SFC】

スポンサーリンク

初代熱血硬派くにおくんとは?

初代熱血硬派くにおくん

1992年にテクノスジャパンから

スーパーファミコンで発売された

アクションRPGです。

 

大阪へ修学旅行に来たくにおくんが、

大阪連合との抗争に巻き込まれる

というストーリーとなっています。

ゲームシステム

ファイナルファイトのような

ベルトスクロールアクションの要素と、

ロールプレイングゲームの要素が

合わさった独特なゲーム性をしています。

 

街を散策しながら喧嘩をするという意味

では龍が如くシリーズに似ています。

 

低レベルでクリアするのは困難ですが、

じっくりとレベルを上げていけば難易度は

決して高くありません。

 

敵を倒す事で得られるプリペイドカードを

自販機に入れる事で買い物が出来る様に

なっています。

 

ひやしあめ、すこんぶ

などのアイテムがあります。

世界観・登場キャラクター

物語の舞台となる92年当時の大阪の街が

リアルに再現されており、甲子園や

なんなんタウン、通天閣などが登場します。

 

又、登場するアイテムも大阪に因んだ

物になっています。

 

登場する敵キャラクターはおばさん、OL

おじさん、女子高生といった一般人や

ヤンキー、スケバンといった不良がいる他、

終盤になると強敵の珍走団が登場します。

 

↑英語版のプレイ動画です。

まとめ

管理人タヌトは初代熱血硬派くにおくん

があまり好きではありませんが、あえて

この記事を書きました。

 

龍が如くシリーズにも通じる魅力がある

ので、興味がある方は是非プレイして

みて下さい。