アーマード・コアシリーズ 最弱パーツランキング

スポンサーリンク

最弱のパーツ

アーマード・コア シリーズに

登場するパーツの中で最も弱いパーツは

どれなのか。

 

そんな疑問に応えるべく、

アーマード・コア最弱パーツランキング

を作成しました。

1 P77-ST

アーマード・コア マスターオブアリーナ

に登場する肩武装パーツです。

 

作中で最も入手が困難なパーツでありながら

最弱と呼べる性能で、両肩が塞がる上に

重量、消費EN共に高いです。

 

装備して得られるのはステルス(相手の

レーダーに映らない)という効果のみ。

 

しかもCOM相手には全く効果がありません。

 

2 KASYO

アーマード・コア フォーミュラフロント

に登場するラジエーターです。

 

CR-R02という他のラジエーターの

完全下位互換という前代未聞のパーツで、

CR-R02に勝る点が1つもありません。

 

あえて弱い機体を作りたい時だけ

お世話になる最弱パーツの筆頭です。

3 WH10-SILKY

アーマード・コア ネクサスから

ラストレイヴンまで登場する腕武装用の

エネルギーマシンガンです。

 

マシンガンでありながら発射間隔が長く、

火力があまり出ません。

 

その割に機体のエネルギーをものすごい

勢いで消耗します。

 

完全にハンデ用の武器でしょう。

まとめ

特に弱いパーツはこの3つだと思います。

 

爆雷も候補に挙がりましたが、

上手い人がブレード代わりに使う場合が

有るので、結局最弱ランキングには

入りませんでした。

 

完全な上位互換パーツが存在してしまって

いるKASYOが本当の最弱かも知れません。