「ラウドネス等化」を使ったら音量の調節が楽になりました

スポンサーリンク

ラウドネス等化とは?

ラウドネス等化は人間にとって聞き取りづらい音を聞き取れる範囲まで引き上げる(引き下げる)機能です。

パソコンの種類によっては、ラウドネス等化の機能が無い場合もありますが、管理人タヌトが買った

中古ノートパソコンにはラウドネス等化が実装されていたので良かったです。

音量の調節が楽になります

ラウドネス等化を使えばパソコンの音声が聞き取りやすくなるだけでなく、音量が一定のレベルに調整される為、音量を調節する必要がほぼ無くなります。

例えばYouTubeで動画を観る時に音量がデカ過ぎる動画の音は小さく、音量が小さ過ぎる動画の音は大きくなるので、動画に合わせて音量を調節する手間が省けます。

人によってはやたらと小さい音量の動画をアップロードしていたりするのですが、その動画に合わせてパソコンの音量を最大にしていると、普通の音量の動画を開いた時に爆音が流れるといった事態が起きます。

ラウドネス等化を使えばその様な事態を回避できる可能性が高いので、パソコンでYouTubeやニコニコ動画といった動画サイトをよく観る方におすすめの機能だと思います。

まとめ

管理人タヌトはイヤホンで動画の音声を聞きながら作業をする事が多いので、ラウドネス等化という機能がかなり役立ちました。

動画の音量調節に悩んでいる方はラウドネス等化が実装されたパソコンを検討してみてはいかがでしょうか。