【ポケモン】ラティアスの育成論【瞑想型、壁張り型、メガシンカ型】

スポンサーリンク

ラティアスとは?

ラティアスとくぼうに優れたエスパー・ドラゴンタイプのポケモンです。

ラティアス

とくこうとすばやさもかなり高いですが、特殊耐久を活かした型が主流です。

今回はラティアスの育成論を3つご紹介します。

瞑想型

性格 おくびょう

持ち物 オボンのみ

努力値 HS252

 

りゅうのはどう

サイコキネシス

めいそう

はねやすめ

 

めいそうを積んでから全抜きを狙う型です。

はねやすめとオボンのみによる回復があるので、かなり打たれ強いです。

欠点は技が2つしかなく、攻撃範囲が狭い所です。

壁張り型

性格 おくびょう

持ち物 ひかりのねんど

努力値 HS252

 

サイコキネシス

りゅうせいぐん

ひかりのかべ

リフレクター

 

ひかりのかべとリフレクターを張ってからりゅうせいぐんで大ダメージを狙います。

ラティアスは特殊耐久が非常に高いので、リフレクターを張れば物理・特殊の両方に打たれ強くなれます。

メガシンカ型

性格 おくびょう

持ち物 ラティアスナイト

努力値 CS252

 

サイコキネシス

りゅうせいぐん

10まんボルト

じこさいせい

 

メガシンカする事でめいそうを積まなくても十分な火力が出せます。

又、物理耐久が大幅に上昇するので、後出し出来る相手が非常に多いです。

まとめ

管理人タヌトはラティアスがあまり好きではありませんが、今回はあえて記事を書きました。

とくぼうが非常に高いポケモンなので物理方面に強いドサイドンやナットレイなどと組ませる事で真価を発揮するポケモンだと思います。