【ポケモン剣盾】ミミッキュの育成論と対策【珠剣舞型、サポート型】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミミッキュの育成論

HPを8分の1消費するかわりに、相手からの攻撃を1度だけ無効にする特性「ばけのかわ」を持つ強ポケモンです。

物理アタッカー気質の種族値をしていますが、つるぎのまいを覚える為、物理受けを突破する事が可能です。

今回はミミッキュの育成論を4つご紹介します。

ミミッキュ

ミミッキュの種族値

H55 A90 B80 C50 D105 S96

珠剣舞型

性格 いじっぱりorようき

努力値 AS

持ち物 いのちのたま

シャドークロー

かげうち

じゃれつく

つるぎのまい

 

中途半端な火力を、いのちのたまで補った型です。

自分よりも素早いドラパルトやゲンガー といったポケモンが相手でも、つるぎのまいからのかげうちで倒す事ができます。

安定感と爆発力を持ち合わせており、一番おすすめの型です。

サポート型

性格 ようき

努力値 AS

持ち物 いのちのたま

じゃれつく

かげうち

ちょうはつ

でんじはorみがわり

 

ちょうはつで相手のギャラドスがりゅうのまいを積むのを阻止したり、でんじはで素早いポケモンを弱体化させたりできます。

確実に上からちょうはつを入れる為に、性格はようきがベストでしょう。

自分より遅いダイマックスポケモンに対しては、みがわりを連打するだけでダイマックスターンを枯らす事ができます。

スポンサーリンク

ミミッキュ対策

ミミッキュはばけのかわありきの性能な為、特性かたやぶりに弱い上です。

ミミッキュの画像

また、物理アタッカー型がほとんどな上、接触技が主体なのでゴツゴツメットを持たせた物理受けで対策可能です。

ドリュウズ

特性かたやぶりであれば、アイアンヘッドで1発で倒せます。

カバルドン、アーマーガア等

ゴツゴツメットを持たせた物理受け型なら勝てますが、ダイホロウによるB下げに注意です。

ドヒドイデ

ようきミミッキュなら受かる上、トーチカでダイマックスターンを枯らす事が可能です。

Bが高いポケモンで固める

ミミッキュはほとんど物理アタッカー型ですので、物理耐久の高いポケモンをパーティに多く入れるという対策方法もあります。

ポケモン剣盾の育成論をこちらにまとめました