無料ペイントソフトの感想 AzPainter2 GIMP2

スポンサーリンク

無料ペイントソフトの感想

今回は無料で使えるペイントソフトの「AzPainter2」と「GIMP2」を使った感想を述べようと思います。

ざっくり言い表すなら、軽快さではAzPainter2、多機能ではGIMP2といった所だと思います。

どちらもおすすめのペイントソフトですので、ぜひ参考にしてみて下さい。

AzPainter2

AzPainter2(アズペインター2)はAzel氏が製作したペイントソフトです。

非常に軽量で、パソコンの容量をあまり食いません。

その為ノートパソコンでも快適に動作します。

動作が速いだけでなく、機能が豊富で、レイヤー機能やぼかしモザイク処理などの機能が有ります。

4500×4500ピクセルまでの画像を処理出来ます。

ネット上で扱う画像としては十分な大きさだと思います。

レイヤーを沢山増やせますが、低スペックのパソコンで使う場合はあまりレイヤーを増やさない方が良いと思います(動作が重くなる為)。

RGBバーを使って色を作成出来、作った色をパレットに保存する事が出来ます。

RGBバーは1色につきそれぞれ255段階まで有ります。

私タヌトはマウスで絵を書いているので、ペンタブでの使用感は分かりませんが、とても使いやすいです。

低スペックのパソコンだとGIMP2Photoshopの動作が重くなりますが、AzPainter2は低スペックのパソコンでもスムーズに動作しました。

動作が速くかなり多機能なので、低スペックパソコンで絵を描いている方におすすめのペイントソフトだと思います。

GIMP2

GIMP2GNU Image ManipulationProgram2)はGNU GPLの下で配布されている高機能のペイントソフトです。

無料でありながら有料のペイントソフトに匹敵する性能を持っています。

高機能ですが、低スペックのパソコンだと動作が重くなりやすいです。

BMPPNGJPGGIFといった代表的な画像ファイルの他に様々な種類のファイルを処理する事が出来ます。

無料のソフトでありながら、Photoshop用のPSDファイルを処理する事が出来るのも魅力の1つです。

レイヤー機能やパレット機能が実装されており画像の加工だけでなく、比較的高度な絵を描く事が可能です。

↑GIMP2で絵を描く動画です。

私は低スペックパソコンしか持っていないので、GIMP2を使うとパソコンがかなり重くなります。

その為、レイヤーは45枚しか使いません。

使用できるブラシの種類が多く、Photoshopなどの高機能ソフトの様に扱う事が出来ますが、やはりPhotoshopの方が搭載している機能が多いです。

低スペックパソコンで使うのは少々厳しいですが、高スペックパソコンを所持していて無料のペイントソフトを探している方におすすめ出来る物だと思います。