【ポケモン】ヒートロトムの育成論【ホノオZ型、スカーフ型、オボン型】

スポンサーリンク

ヒートロトムとは?

ヒートロトムの画像

ヒートロトムはほのお・でんきタイプのポケモンであり、ロトムがフォルムチェンジした姿です。

特性「ふゆう」のおかげで、4倍弱点である地面技を受けない為、弱点が少なく扱いやすいです。

HPが低いですが、それ以外の能力は全体的に高めです。

強力なほのお技・オーバーヒートをタイプ一致で使える為、特殊アタッカー向けのポケモンと言えるでしょう。

今回はヒートロトムの育成論を3つご紹介します。

ホノオZ型

性格 ひかえめ

努力値 HCまたはCS

持ち物 ホノオZ

 

オーバーヒート

ボルトチェンジ

めざめるパワー氷

どくどく

 

シンプルな特殊アタッカー型です。

オーバーヒートの命中率が不安ですが、ホノオZを使うことで1度だけオーバーヒートを必中で放つ事ができます。

「どくどく」はポリゴン2やカビゴンといった耐久ポケモンに対して有効です。

HPに努力値を振らないと耐久力に期待できませんが、キノガッサなどを追い抜けるCS振りも捨てがたいです。

スカーフ型

性格 ひかえめ

努力値 CS252

持ち物 こだわりスカーフ

 

オーバーヒート

ボルトチェンジ

めざめるパワー氷

トリック

 

中途半端な素早さをこだわりスカーフで補います。

こだわりスカーフとボルトチェンジの相性が良く、先鋒向けですが、小回りは効きません。

トリックで耐久ポケモンを崩すことも可能ですが、読みが必要になるので、ホノオZ型よりは上級者向けだと思います。

メガボーマンダやガブリアスなどのドラゴンタイプに、上からめざめるパワー氷を撃ち込めるのが魅力です。

オボン型

性格 ひかえめ

努力値 HCまたはCS

持ち物 オボンのみ

 

オーバーヒート

ボルトチェンジ

めざめるパワー氷

どくどく

 

ヒートロトムは微妙に打たれ弱いので、オボンのみを持たせると、耐える場面が多いです。

Zワザがなかった第五世代で人気の型ですが、他の世代でも十分通用すると思います。

他の手持ちにZクリスタルとこだわりスカーフを持たせられる点も魅力的です。

耐久に多めに努力値を振って、半分回復実を持たせる型もある様ですが、半分回復実は発動しにくい為、あまりおすすめしません。

まとめ

私はヒートロトムが大好きなのでこの記事を書きました。

ヒートロトムはBW時代によく使っていたポケモンなので、思い入れがあります。

個人的にはホノオZ型が一番おすすめですが、上級者の方にはスカーフ型、初心者の方にはオボン型のヒートロトムがおすすめかも知れません。

HPが低い点以外は全体的に恵まれたポケモンなので、興味がある方はぜひ育ててみて下さい。