【ポケモン】ゲンガーの育成論【タスキ型、メガシンカ型、ヘドロ型】

スポンサーリンク

ゲンガーとは?

ゲンガーはとくこうとすばやさに優れたポケモンです。

ゲンガー

反面打たれ弱いので、完全に使いこなすには工夫が必要なポケモンだと思います。

今回は3つの育成論をご紹介します。

きあいのタスキ型

特性 ふゆう

性格 おくびょう

持ち物 きあいのタスキ

努力値 CS252

 

ヘドロばくだん

シャドーボール

10まんボルト

みちづれ

 

打たれ弱さをきあいのタスキでカバーします。

みちづれを使いやすいので、個人的に一番おすすめの型です。

スポンサーリンク

メガシンカ型

特性 ふゆう

性格 おくびょう

持ち物 ゲンガナイト

努力値 HCS調整

 

ヘドロばくだん

シャドーボール

おにび

みちづれ

 

メガゲンガーになる事で特性がかげふみになり、おにびとみちづれの成功率が上がります。

又、メガシンカすると耐久が上がるので、HPにも努力値をある程度振った方が良いと思われます。

くろいヘドロ型

特性 ふゆう

性格 おくびょう

持ち物 くろいヘドロ

努力値 H204S252残りBorD

 

シャドーボール

おにび

まもる

みがわり

 

相手におにびを入れてからまもるとみがわりを繰り返します。

長期戦になるので相手に嫌われやすい型です。

個人的にあまりおすすめしません。

スポンサーリンク

まとめ

管理人タヌトはゲンガーが大好きなので、この記事を書きました。

ゲンガーにはバトルタワーでお世話になった思い出が有ります。

みちづれは相手に読まれやすいですが、強力なので覚えさせた方が良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました