【ポケモン】フシギバナの育成論【メガシンカ型、やどりぎ型、特殊型】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フシギバナとは?

バランスが取れた能力値が特徴のくさ・どくタイプのポケモンです。

フシギバナ

メガフシギバナになる事で特性があついしぼうに変化します。

あついしぼうはフシギバナと相性が良い為、出来るだけメガシンカで使いたい所です。

今回は3つの育成論を紹介します。

メガシンカ型

性格 ひかえめ

持ち物 フシギバナイト

努力値 HC252

 

ヘドロばくだん

ギガドレイン

ねむりごな

こうごうせい

 

ギガドレインとこうごうせいがある為、耐久に努力値を振らなくても倒されにくいです。

技範囲が狭いので、めざめるパワー炎を覚えさせても良いでしょう。

やどりぎ型

性格 ずぶといorおだやか

持ち物 くろいヘドロ

努力値 H252BorD252

 

ヘドロばくだん

ギガドレイン

やどりぎのタネ

こうごうせい

 

やどりぎのタネをしてからこうごうせい、ギガドレインで粘ります。

持ち物をくろいヘドロにする事で、他の手持ちにたべのこしを持たせる事ができます。

特殊型

性格 ひかえめ

持ち物 いのちのたま

努力値 HC252

 

ヘドロばくだん

エナジーボール

めざめるパワー炎

ねむりごな

 

ねむりごなで眠らせてから相手が目覚めるまでに倒しきる型です。

めざめるパワー炎は必須だと思います。

まとめ

管理人タヌトはあまりフシギバナが好きでは無いのですが、今回はあえて記事を書きました。

安定した耐久からのねむりごなが強力なポケモンだと思うので、是非育ててみて下さい。