【ポケモン】フリーザーの育成論【こころのめ型、チョッキ型】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フリーザーとは?

フリーザーはとくぼうに優れたこおり・ひこうタイプのポケモンです。

フリーザー

耐久ポケモンでありながら「ぜったいれいど」や「ふぶき」といった大技を覚える為、強力なポケモンと言えるでしょう。

こおりタイプのポケモンなので、弱点が多いですが、耐久力に優れている為、さほど気になりません。

フリーザーを使う際に最も気をつけるべきなのが、いわタイプの攻撃技です。

いくら耐久力に優れたフリーザーでも、サイドンのストーンエッジは耐えられません。

フリーザーは、普通のでんき技やほのお技くらいなら1発耐えるくらいの耐久力があり、とくぼうを高めるアイテム「とつげきチョッキ」を持たせれば、特殊技で倒される心配が少なくなります。

今回はフリーザーの育成論を2つご紹介します。

こころのめ型

性格 おくびょう

持ち物 オボンのみ

努力値 HS

 

ぜったいれいど

れいとうビーム

とんぼがえり

こころのめ

 

「こころのめ」を使う事で、「ぜったいれいど」が必中になります。

シンプルに強いですが「こころのめ」をした時点で、交代されやすいので、実は不安定です。

「こころのめ」を使いづらい時は「とんぼがえり」で味方に交代すると良いでしょう。

相手の手持ちが最後の一匹の時は交代ができないので「こころのめ」+「ぜったいれいど」のコンボが決まりやすいです。

持ち物はオボンのみが定番ですが、ラムのみ、ソクノのみ、オッカのみ等もかなりおすすめです。

チョッキ型

性格 ひかえめ

持ち物 とつげきチョッキ

努力値 HCD調整

 

ぜったいれいど

れいとうビーム

フリーズドライ

ぼうふう

 

元々高いとくぼうが「とつげきチョッキ」で強化される為、特殊攻撃では簡単に落ちなくなります。

フリーザーはフルアタになりがちなので、とつげきチョッキとの相性が良いです。

ぼうふうの火力は非常に高いので、撃ち負けにくい型だと言えるでしょう。

特殊技の撃ち合いには非常に強いですが、物理耐久は過信できないので注意が必要です。

持ち物はとつげきチョッキがベストですが、せんせいのツメ、オボンのみ、ソクノのみ等も相性が良い持ち物だと思います。

まとめ

管理人タヌトはフリーザーが好きでも嫌いでもありませんが、今回はあえて記事を書きました。

準伝説ポケモンの中では扱いが難しい部類に入ると思いますが、使いこなす事が出来れば、非常に強力なポケモンです。

特殊耐久に優れ、強力な技を沢山覚えるポケモンなので、興味がある方は是非育ててみて下さい。