【ポケモン剣盾】ブラッキーの育成論と対策【物理受け型、のろい型】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブラッキーとは?

ポケモン剣盾に登場するブラッキーは、耐久力に優れたあくタイプのポケモンです。

受けポケモンとして使われる事が多いですが、物理アタッカーもこなせます。

ぼうぎょ、とくぼうが両方とも高い為、交代先として便利です。

覚える攻撃技が少ない為、補助技を絡めながら戦う事で真価を発揮します。

フェアリータイプが登場した現在でも十分通用するポテンシャルを持ちます。

今回はブラッキーの育成論を3つご紹介します。

ブラッキー

ブラッキーの種族値

H95 A65 B110 C60 D130 S65

物理受け型

性格 ずぶとい

持ち物 たべのこし

努力値 HB

イカサマ

あくび

まもる

ねがいごと

 

まもる+ねがいごとで粘ります。

又、相手の物理アタッカーに対してイカサマによる大ダメージを狙えます。

まもるとねがいごとを併せて使えば、擬似的な「じこさいせい」として機能します。

物理受けが個人的に一番おすすめの型です。

スポンサーリンク

特殊受け型

性格 おだやか

持ち物 たべのこし

努力値 HD

バークアウト

あくび

まもる

ねがいごと

 

バークアウトで相手のとくこうを下げる事が出来る為、特殊技に対してはかなりの打たれ強さを誇ります。

因みにブラッキーはぼうぎょよりもとくぼうの方が高い為、生半可な攻撃では倒れません。

個人的には物理受け型の方が使いやすくておすすめですが、特殊受け型が弱いわけではありません。

のろい型

性格 いじっぱり

持ち物 オボンのみ

努力値 HA

しっぺがえし

あくび

のろい

つきのひかり

オボンのみ

のろいを積んでから全抜きを狙います。

ブラッキーは元々素早さが低い為、のろいのデメリットの影響をあまり受けません。

のろいで素早さを下げれば、しっぺがえしの火力アップを狙えます。

ブラッキー対策

ブラッキーは打たれ強いですが、タイプ一致のインファイトなどの高火力技なら押し切れる可能性が高いです。

ルカリオ、オトスパス等

高火力の格闘技で押し切ります。

ニンフィア、サーナイト等

高火力のフェアリー技で突破します。

ドヒドイデ

タイプの関係上、一方的にどくどくを入れる事が可能です。

つのドリル、じわれ等

ブラッキーは受けポケモンですから、一撃必殺技の試行回数を稼ぎやすいです。

ポケモン剣盾の育成論をこちらにまとめました