【レビュー】アーマード・コア2の感想【AC2】

スポンサーリンク

通称・AC2

プレイステーション2で発売された

初のアーマード・コアです。

 

前作のマスターオブアリーナと比べて

グラフィックが大幅に進化し、

OPムービーは今観ても古臭さをあまり

感じません。

 

又、オーバードブースト、インサイド、

エクステンションなどの要素は今作で

初登場したものになります。

ゲームバランス

異常に強力なパーツとまるで

使えないパーツの両方が存在し、

ゲームバランスは悪いと言えます。

 

具体的にはKARASAWA-MK2という

レーザーライフルが強力過ぎて、他の

武器の存在価値が薄れてしまっています。

 

その為、対戦ツールとしては次作の

「アナザーエイジ」が推奨されます。

 

又、ゲームの難易度自体は低いです。

 

スポンサーリンク

世界観・登場キャラクター

前作に登場した企業が名前を変えて

存在しているなど、前作と繋がりのある

世界観になっています。

 

物語の舞台は火星になり、

今までのシリーズと比べて

ミリタリーというよりはSF色の

強い世界観になっていると言えます。

まとめ

管理人タヌトは父親の影響で

本作を6歳の頃からプレイしており、

とても思い入れがあります。

 

ゲームバランスは悪いものの、

アリーナ、ミッション共に充実しており、

初めてアーマード・コアシリーズを

プレイする方には本作もしくは

アーマード・コア3がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました