【レビュー】アースライトの感想【SFC】

スポンサーリンク

アースライトとは?

アースライト1992年にハドソンから

スーパーファミコンで発売された

戦略シミュレーションゲームです。

 

宇宙を舞台にロボットや戦艦といった

ユニットを将棋の駒の様に動かして

敵ユニットを全滅させるか、本部を

破壊するのがこのゲームの目的です。

ゲームバランス

この手のシミュレーションとしては

難易度が低めですが、後半のマップに

関してはかなりの難易度です。

 

終盤に行くほど強力なユニットが

使える様になります。

 

因みにカセットに描かれているロボット

が使える様になるのはかなり後半に

なってからです。

 

世界観・登場キャラクター

地球に攻めてきた悪者・ガルド軍を

地球の連合軍が迎え撃つという物語です。

 

又、丸っこくデザインされたユニットが

このゲームの最大の特徴と言えるでしょう。

 

ガルド軍の親玉以外人間と呼べる様な

登場キャラクターは出てきません。

 

因みにゲームオーバーになるとガルド軍の

親玉が高笑いする画面が表示されます。

 

↑丸っこい感じの世界観です。

まとめ

管理人タヌトは子供の頃に

アースライトをよくプレイしました。

 

可愛らしくデザインされたユニットや

効果音がコミカルな作品でした。

 

因みに戦略シミュレーションゲーム

の中で個人的におすすめなのは

ファミコンウォーズDSです。